月別アーカイブ: 9月 2009

落ち葉拾い

 
 豆本工房わかいのオリジナル手帳で特に人気なのが、本物の葉っぱが入ったNature leaf」。

 
  一番人気は、ハート型のカツラ


 以前にも書きましたが、この葉っぱは私・とど猫とまめ猫が落ち葉の季節になると、現地で拾ってくるんです。
 色づきや形、大きさなど、なかなか良いものは拾えません。
 
 さて、今年もそんな落ち葉シーズンがやってきました。

 シーズンのトップバッターはカツラです。9月中旬になると黄色く色づき始め、下旬となるとそろそろ落葉を始めます。

 カツラはキャラメルのような甘い香りがするんです。落ち葉を拾っているとそんな香りに包まれて、お腹が空いてきます(笑)。

 
 
 今年の初物。形の良いものがたくさん拾えました
 
 なるべく小さくてハート型をした葉っぱを探します。まだ、落葉し始めだったので形の良いものがたくさん拾えましたが、色づきはもうちょっとかな。

 ついでに栃の実も拾いました。栃の葉っぱも落ちていましたが、これは長辺が20センチくらいありますので、カバーには使えませんね(笑)。

 
 薄茶色の殻斗を割るとなかから黒光りする実が現れます。この実をさらしたり手間暇かけると
 おいしい栃餅や栃の実煎餅になります
 順次、2009年産のフレッシュな葉っぱが入荷します。良いものはお早めにどうぞ。
 ご注文お待ちしています。


 

 

 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


広告

芋掘り!

 
 世の中はシルバーウィーク真っ只中!

 うちはまめ猫の実家(埼玉)でお母様が丹精込めて作ったサツマイモの芋掘りを体験。

 

 う~ん、ちいさい。ちょっと早かったみたい。

 豆本工房にふさわしい、「豆サツマイモ」でしょ。

 
 実りの秋の到来ですね。
 

 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


チョコレート色の電車

 そう聞くと、若い人はかわいらしい電車を思い浮かべるのかな。
 
 今日の朝日新聞asahi.comに、「山手線が命名から100年を迎えるのを記念して、当時の国鉄車両を模した「復刻調ラッピング電車」の運行を始めた」という記事がありました。
 その記事にはこげ茶色のラッピングをされた電車の写真が添えられています。
 
 さすがに私が子どもの頃、山手線にはもう、こげ茶色の電車は走っていませんでしたが、家の前を走っていた南武線はこのこげ茶色の電車しかありませんでした。
 床が木で、クーラーなんてもちろんありませんでしたが、なぜか扇風機のスイッチが柱にあって、オンオフを操作できたのを覚えています。
 高校の通学もこのこげ茶色の電車でした。人が乗りすぎると、ブレーキが利かなくなって止まれずに駅をオーバーランしてしまうこともよくありましたっけ。ドアが開かなくなって車掌さんが開けにきたこともあった。今じゃ考えられませんね。
 
 そのこげ茶色のことを当時は、愛着も込めて「チョコレート色の電車」って呼んでましたっけ。
 
 こげ茶色ばかりだった南武線と武蔵小杉駅で立体交差する東横線には光り輝くステンレスボディーの電車が走っていました。
 子ども心にそのスマートさにあこがれたものです。
 
 さて、チョコレート色の電車は今や思い出となってしまいましたが、そのスマートなステンレスボディーの電車は北陸鉄道石川線に買われて、今日も我が家の前を走っています。
 
 なんか、ちょっと不思議な気分です。
 
 
  満開の桜の下、加賀一ノ宮駅を発車する元東横線のステンレス電車

 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


山は秋の気配

 今日は豆本の絵を描こうか、それとも、豆本工房のパンフレット(新しいのがないので)でも作ろうかと思っていましたが、天気が良いので近所の山に登ってきました。

 ウォーキング、ジョギングなど、日頃の運動不足を取り戻すことはいろいろありますが、やっぱり山登りは良いなぁ。心もリフレッシュできるもの。

 

 奥獅子吼山(928m) 山頂から白山方面を望む。白山連峰は雲に隠れて見えなかった。
 林道の駐車場からゆっくり登って1時間少々。キツイ登りはほとんどなく、運動不足解消にはちょうどよい。

 

 ツリガネニンジン。道の脇にたくさん咲いていました。秋の訪れを感じさせてくれる花です。

 

 ムシカリの葉は、その名の通りか、たくさん虫に食われて不思議な模様のようになっていました。

 さて、山はもう少しで紅葉、そして落ち葉のシーズン到来です。

 今年も、手作り手帳で使う落ち葉を拾うために山に入らねば。そのために、今からせっせと体力作りをしないと。

 もうすぐ、活きのよい落ち葉(?)が入荷しますヨ~~!


 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


Gokuu!さんに登録されました

 石川県WEBサイトナビ Gokuu!(ゴクウ)に、「豆本工房 わかい」が登録されました。

 これを見て、さっそくたくさん方に訪問していただきました。

 Gokuu!さん、ありがとうございます。

 Gokuu!は、石川県下のWEBサイト情報に特化した検索サイトで、石川県の情報を欲する人にとっては、
目的のサイトを見つけやすいように工夫されています。

 石川県の情報を知りたいときは一度アクセスしてみてくださいね。

 
 豆本『金沢のおいしいもの』


 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


越前和紙の里で豆本展

 9月に入って、朝晩はすっかり涼しくなりましたね。
 
 8月30日でこの夏に越前和紙の里で開催した和紙ワークショップは無事終了しました。
 
 遠くは関東からご参加いただいた方もいらっしゃいました。
 
 ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。
 
 
 さて、以前お知らせしましたが、越前和紙の里で開催中の和本と豆本の世界展をのぞいてきましたので、ご紹介します。
 
 
 
 会場は伝統工芸士による手漉きの実演が見られる卯立の工芸館の2階です。
 1階の広間で和紙ワークショップの製本教室を開催しました。
 
 
 
 会場入り口の階段の踊り場には、豆本工房わかいのコーナーがあります。アクリルケースに収められ、
 まるで美術品みたい(笑)。
 
 
 
 すごい、ちゃんとプレートまで準備してくださいました。あはは、「とど猫/文・絵」ですって……。
 こんな機会滅多にないから本名にしてもらえば良かったかな。和本と豆本の世界展は、9月28日まで開催中です。
 
 
 でも、すごい記念になりましたよ。
 
 和紙の里の皆さん、ありがとうございましたm(__)m
 
 また、ぜひ呼んでください!!
 
 


 

 ○手作り手帳、豆本、製本のお問い合わせはお気軽に、豆本工房 わかい

 ○工房の制作担当、まめ猫のブログ、「豆本を作っています。」はこちら

 皆さんの応援に感謝! 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ